9月2日の一枚

JUGEMテーマ:写真

五浦美術文化研究所 倉庫跡、、、二人のあいだのこの素晴らしい出来事がほんとうのこととはまるで思えません。私という人間は、結局のところ、一場の夢ではないのですか。、、、『宝石の声なる人に』より  1913年9月2日午前7時3分 岡倉天心(覚三) 死去               

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です